ハピママの家事はこだわりの家事代行サービスを東京都・埼玉県にて展開しております

ハピママの家事ロゴハピママの家事は家事代行を通して豊かな暮らしづくりを応援します!お客さま専用ダイヤルはこちら、フリーダイヤル0120-915-903、お気軽にご相談ください、受付時間/平日9:00〜18:00。

ホームホームお知らせお知らせ採用情報採用情報メディア掲載情報メディア掲載情報お客さまの声お客さまの声お問い合わせお問い合わせサイトのご利用についてサイトのご利用について

はじめましてはじめましてサービス内容と料金サービス内容と料金私たちのこだわり私たちのこだわり日々の取り組み日々の取り組みよくあるご質問よくあるご質問お申し込みお申し込み

HOME > 日々の取り組み > アクティビティ・リポート vol.3

日々の取り組み(activity reort):ハピママスタッフの取り組みや活動の様子をリポートします

アクティビティ・リポート(activity report)

ここでは私たちハピママスタッフの日々の取り組みや活動の様子をご紹介していきます。皆さまに私たちの活動を知っていただけると嬉しいです。ご意見やご感想がございましたら、ぜひお気軽にお寄せください!

Report,vol.3(見出し)アクティビティ・リポート(吹き出し)スタッフ研修3回目!!(タイトル)スタッフトレーニング その3(リード)研修シリーズと題して、スタッフトレーニングの現場からリポートします!(作成日)2011年2月8日

テクニカルトレーニング(後半)2時間研修3日目は、テクニカルトレーニングの後半です。2日目の浴室・洗面所・トイレなどに続いて、キッチン・リビング&ダイニング・窓拭きを中心にお掃除のコツを習得します。今回のリポートは、キッチン編としてお台所周辺のお掃除の研修模様をまとめます。キッチンは使用頻度が高く、油による落としにくい汚れの多い場所です。ほとんどのお客さまがお台所のお掃除をご希望されますので、念入りなトレーニングを必要とします。

キッチン掃除の道具として用意したもの1.目地ブラシ(使い古したハブラシでOK)2.スコッチたわし3.マイクロクロス × 2枚4.雑巾5.メラミンスポンジ(あると便利)6.食器用中性洗剤 、油汚れ用アルカリ性洗剤7.塩素系漂白剤 ・ クレンザー。キッチン掃除のポイントは?1.油汚れのレンジまわり(壁や床)2.悪臭の原因にもなる排水口3.くもりが大敵のステンレス4.レンジフード、換気扇(月1〜2回)。ふぁみ子の台詞「キッチンのお掃除は所要時間20〜30分を目安としています」

キッチンの換気扇フィルターを家事代行トレーナーが外そうとしている。家事代行トレーニングメンバーが作業を見つめる。フィルターを拡大アップ。吹き出し「しつこい油汚れはアルカリ性洗剤で浮かして取ります」アブラよごれと洗剤成分をなじませよう!

場所に限らず、高いところから低いところへ順番に作業していくのがお掃除の基本です。キッチンもまた然り、まずは換気扇からお掃除していきます。一般的なご家庭であれば、換気扇やレンジフードは毎日お掃除する必要はなく、月に1〜2回で構わないでしょう。まずは換気扇フィルターを取り外します。ごく普通の主婦の方が、フィルターを外してまめにお掃除されることは少ないはずです。取材した研修グループのメンバーも、細部に渡るお手入れには不慣れな様子で、トレーナーの作業を食い入るように見つめておられます。取り外したフィルターは比較的きれいな状態でしたので、シンク内で簡単に水洗いします。油汚れがしつこく落ちにくい場合、アルカリ性洗剤をスプレーした状態で、しばらくシンク内に放置します。油汚れを浮かせてから擦り洗いを始めましょう。

次はレンジ台とその周辺のお掃除に入ります。五徳、受け皿、魚焼きグリルの換気口を外します。メンバーのNさん、通常の布巾でレンジ台を何度も拭きますが、あまりキレイにならないようです。。取り外した五徳や受け皿も擦り洗いを試しますが、とっても作業しずらい様子。どうやら先ほどの換気扇と違い、こちらは油汚れがしつこいようです。レンジ台は、まずアルカリ性洗剤を馴染ませた布巾で汚れを拭き取ります。さらに、水拭き&マイクロクロスで乾拭きと進めるうちにピカピカになってしまいました!五徳や受け皿もアルカリ性洗剤をたっぷりスプレーした後、シンク内でしばらく放置します。油汚れは浮かせて落とすが鉄則。Nさん、納得されたようで満足げな表情をされています(笑)

レンジ台の周辺もキレイに拭き掃除が終わりました。悪臭の元にもなる排水口は念入りにお掃除しましょう。分解した後、使い古した歯ブラシで丁寧に擦り洗いをします。ヌメリが溜まると臭いの原因になります、要注意!

さぁ、そろそろ仕上げに入って参りました。シンクや調理台はステンレスが一般的です。本来ならピカピカに光っているはずのステンレスですが、放っておくと汚れでくもってしまいます。また塩素系漂白剤が苦手なステンレス、ちょっとデリケート?こちらのお掃除にはコツがあるようですね。トレーナーが説明しながら実演します。メンバーの皆さん、これは使えると必死でメモを取っておられます(笑)学んだスキルは普段の家事で活かせることが楽しいですよネ。キャビネットや床も、液ハネや手垢などの汚れが付着しているとのこと。。「細部まで見逃さないよう気をつけましょうネ!」最後まで気合いが入っているトレーナーでした(笑)

家事代行トレーナーの台詞「最後の仕上げが肝心!!しっかり水滴も拭きあげるとピカピカになるんですよ!」ふぁみ子の台詞「次回は、ひきつづきテクニカルトレーニングの後半部分 〜窓拭き編〜 をご紹介します!」キャッチ「けっして手を抜かないトレーナーのこだわりがトレーニングをとおしてメンバーに伝わっていますよ!」