ハピママの家事はこだわりの家事代行サービスを東京都・埼玉県にて展開しております

ハピママの家事ロゴハピママの家事は家事代行を通して豊かな暮らしづくりを応援します!お客さま専用ダイヤルはこちら、フリーダイヤル0120-915-903、お気軽にご相談ください、受付時間/平日9:00〜18:00。

ホームホームお知らせお知らせ採用情報採用情報メディア掲載情報メディア掲載情報お客さまの声お客さまの声お問い合わせお問い合わせサイトのご利用についてサイトのご利用について

はじめましてはじめましてサービス内容と料金サービス内容と料金私たちのこだわり私たちのこだわり日々の取り組み日々の取り組みよくあるご質問よくあるご質問お申し込みお申し込み

HOME > こだわりインデックス > 窓拭きとサッシのおそうじ/こだわりの家事レシピ

私たちのこだわり:お客さま目線で考えられたこだわりの数々をご紹介します

お客さまの声に耳を傾けることでこだわりのサービスが作られています家事代行サービスは日常生活の営みと身近な関係にあるため、取り分けお客さまの主体性が重要視されます。お客さま本位のシステムが充実したサービスであれば、より高いパフォーマンス(成果や効率)が期待できます。ハピママの家事では、お客さまお一人おひとりの満足度につながるよう、お客さま本位にもとづいた質の高いシステムをご用意しております。実例を参照しながらサービスの特徴をご紹介いたします。

こだわりの家事レシピ(Housework Recipe)

窓拭きとサッシのおそうじ

◎所要時間(目安)
30〜40分(高さ200センチ×幅90センチのテラス窓2枚と網戸1枚)
◎使用する掃除道具
1.窓用スクイジー
2.ヘラ
3.スポンジ
4.歯ブラシ
5.マイクロクロス&乾拭き用布巾
6.ぞうきん
7.ガラスクリーナー
8.霧吹き
◎作業の流れ
手順1.レール部分(ブラシを使いながら、ゴミやホコリをそうじ機で取り除く)
手順2.網戸外側(水を含んだスポンジで汚れを落として、雑巾で拭き取る)
手順3.網戸内側(力を入れ過ぎないように、水に濡らした雑巾で汚れを拭き取る)
手順4.窓ガラス外側(霧吹きをしてスクイジーで水を切る。水気が残った部分を乾拭きする)
手順5.窓ガラス内側(サッシやパッキンも含めて全体を水拭き後、拭き筋が残らないよう乾拭きする)
手順6.レール部分(ヘラの先を使いながら、雑巾で水気と汚れを拭き取る)

(見出し1)レール部分のゴミをかき出す時に使い勝手がよい道具です!(名称1)歯ブラシ,チャンネルブラシ(見出し2)細かな部分に布を押し込んで汚れを拭き取る時に役立ちます!(名称2)サッシ用ケレン,ヘラ(見出し4)ガラス面の水滴や汚れをワイパーのように拭い取ります(名称3)スクイジー(見出し4)クロスや布巾を使い分けると拭きスジが残らず仕上がります(名称4)マイクロクロス,乾拭き用布巾,ぞうきん

(ここがポイント)道具をうまく使いこなすと効率の良い窓拭きができる窓拭きは、雑巾で何度拭いても拭き筋が残ります。そこで、スクイジーという道具を使います。使い方のコツは、途中で止めずに端から端まで一気に水切りすることです。ゴムをガラス面にしっかり押し当て、左端から右端へと水切りします。ガラス面上部から下部まで、この動作を繰り返します。最後に右端の上部から下部へと一気に水切りします。また、複雑な形状のレールやガラス面の隅などを拭く時は、ヘラの先に薄手のぞうきんを巻いて、溝をなぞるように汚れを拭き取ると、効率良くおそうじ出来ます。